恐怖症(対人恐怖、閉所恐怖、パニック障害)の克服事例 名古屋市 7回で克服した事例 - 名古屋ゆのもと健療院

HOME > 恐怖症の克服例 > 恐怖症(対人恐怖、閉所恐怖、パニック障害)の克服事例 名古屋市 7回で克服した事例

恐怖症(対人恐怖、閉所恐怖、パニック障害)の克服事例 名古屋市 7回で克服した事例

2014年07月21日

常に人に見られている気がする対人恐怖、
閉鎖された空間(車、映画館など)や時間の拘束でのパニック障害と閉所恐怖。

名古屋市のSさんは10年以上も悩んでおられました。

当院に友人からの紹介で来院され1回目から改善に向かい計7回で克服した事例です。

対人恐怖や閉所恐怖からくるパニック障害

当院でもよくある事例の1つです。

名古屋市のSさんは、これらの症状で10年以上も悩み

仕事はもとより、生活でも大きな支障がでておられたのです。

【来院前の悩み】

1.気の許せる人がほとんどいない。常に人に見られている気がする。

2.嫌われたくなくて、自分の言いたい事を我慢している。結果、ストレスを溜め込み

更に調子を崩す、悪循環を繰り返している。

3.いつも時間に追われている恐怖感を抱えている。

4.特に、人前や仕事の納期直前になるとパニック発作が起こる

5.10年以上もメンタルクリニックや心療内科、鍼灸、カウンセリングを受けるも

ほとんど改善しない。

【来院後】

1回目 → 自律神経調整をメインに行う。結果、パニックになっても発作までは出ない状況まで改善

2回目 → 幼少期のトラウマ処理を行う。時間に追われている恐怖は消失する。

3回目 → 幼馴染みや両親など、身近な人とは、前ほど気にせず話せるようになる。思ったことを言える

ようになる。

4回目 → 車や映画館やショッピングセンターなど。閉ざされた空間でも平気になる。

5回目 → 4回目以降と同様に調子を維持している。

6回目 → 好転反応(よくなる方向にむかう)により、若干パニック発作が出る。10分ほどで収まる

7回目 → 1か月間、症状はでることはなかった。

本人の希望により、しばらく状況を見て、2か月に1度程度、メンテナンスで来院する事になる。

【院長のコメント】

Sさんの事例は自律神経失調症の典型的な症状です。

10年以上も悩むと「もう無理かも?」と思われるかもしれません。

無理もありません。

しかし、そうではありません。

チキンと回復法や対処をほどこせば、必ず改善できます。

どうか期待を持ってみてくださいね。



ホームページをご覧のあなた様へプレゼント!

ホームページ特典!!


「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

ホームページ特典


電話・メールでのお問い合わせ

電話: 052-414-6299
メールでのお問い合わせ

ゆのもと健療院へのお電話はこちら
【 電話番号 】 お店:052-414-6299
直通:090-1830-4300
【 営業時間 】 8時~23時 (受付 8時~23時)
【 定休日 】 土日祝も営業 (不定休)

PageTop



ゆのもと健療院
  • 住所:〒453-0014
    名古屋市中村区則武2-14-4 カーサスギトピア906 (9E号室)
  • お店:052-414-6299
  • 直通:090-1830-4300