【名古屋】心理カウンセリングで治らないパニック障害の克服例 - 名古屋ゆのもと健療院

HOME > パニック障害の整体例 > 【名古屋】心理カウンセリングで治らないパニック障害の克服例

【名古屋】心理カウンセリングで治らないパニック障害の克服例

2016年06月19日

こんにちは。ストレスケアと自律神経失調症の専門整体と心理カウンセリングのゆのもと健療院です。

今日ご紹介するのは、心理カウンセリングに5年通ってもパニック障害が改善しなかったお客様が

当院にて1回目から動悸が軽減。7回の施術とカウンセリングにてパニック障害と予期不安が完全に解消された事例です。

ご来院前のパニック障害の悩みは?
1.通勤で名古屋駅、栄という人混みが多いところを通ると週に3~4回は動悸、めまい、恐怖感が起こる

2.子供が遊園地に行きたくても、パニック発作の恐怖から行けないのが心苦しく罪悪感を感じている

3.名古屋市内の有名な心理カウンセリングに5年通院するも、多少は心の持ち方が良くなるも、
パニック発作事態は改善しない。

4.予期不安(また起こったらどうしよう?仕事中も大事な商談前にパニックの事ばかり考えてしまう)

ご来院後のパニック障害の克服は?

1回目 → 心の異常反応(心のエラー反応)を大量を抱えていたため、過剰ともいえる恐怖を感じやすく、それが精神的、肉体的に過緊張を及ぼしていたのがパニック障害の真の原因になっていた。

その心の異常反応(心のエラー反応)を解体する事で、人混みでのパニック障害が施術を受けた当日から軽くなっていった。

2回目 → パニック障害が起こっても、「なんとかなる」「すぐに収まる」と心の持ち方が楽になった。
今まで心理カウンセリングに5年通ったのは「なんだったのか!」と思えるようになった。
これなら良くなる!と確信に変わった。

3回目 → 以前であれば、商談先(名古屋駅や栄近辺)に出向くのが嫌で、その事ばかり考えていた。
結果、営業成績も下がってしまっていたが、人込みは確かに嫌だが、気づいたら仕事に集中できるようになった。

4回目 → 愛05で治療を行うことで、「そこまで無理しなくても良い」「しんどい時はしんどい」と言えるようになった。世の中が「安心・安全」という感覚を感じれるようになった。

5回目~7回目 → 本人の希望もあり、冷え取り健康法を主体にした自己メンテナンスを積極的に行うこと
も併用し、パニック障害は完全に消失した。

ご本人の希望もあり、日々のストレスや体の疲れをケアするために定期的にメンテナンス(月1回程度)を
通う事になりました。



ホームページをご覧のあなた様へプレゼント!

ホームページ特典!!


「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

ホームページ特典


電話・メールでのお問い合わせ

電話: 052-414-6299
メールでのお問い合わせ

ゆのもと健療院へのお電話はこちら
【 電話番号 】 お店:052-414-6299
直通:090-1830-4300
【 営業時間 】 8時~23時 (受付 8時~23時)
【 定休日 】 土日祝も営業 (不定休)

PageTop



ゆのもと健療院
  • 住所:〒453-0014
    名古屋市中村区則武2-14-4 カーサスギトピア906 (9E号室)
  • お店:052-414-6299
  • 直通:090-1830-4300