名古屋 緊張性頭痛予防 - 名古屋ゆのもと健療院

HOME > 自律神経情報 > 名古屋 緊張性頭痛予防

名古屋 緊張性頭痛予防

2017年09月28日

緊張性頭痛ってホント、辛いですよね。
少しでも症状の改善を得るためにも、緊張性頭痛について理解しておくといいでしょう。

【緊張性頭痛って?】

緊張性頭痛は、原因となる身体的ストレス、精神的ストレスの両方を少しでも軽減させることが、症状緩和への近道。

・ストレスのコントロール

精神的ストレスのコントロールでまず必要なのが、今自分が一体どのような事にストレスを感じているのか、それを自覚する事が必要です。
例えば、人間関係や仕事上のストレス、環境要因やその他育児、家事などについて、ストレスの正体原因をはっきりとさせましょう。

自分が感じているストレスの正体が分かったら、それに対するケアをスタートさせてください。
ストレスの上手なコントロール方法は、それを上手く発散させることです。

今日抱えたストレスを明日に持ち越さないため、気分をリフレッシュさせたり、運動で汗を流したり、するのが最適。
また肉体的ストレスも同様に、今日の疲れは明日に持ち越さないようマッサージを取り入れたり、半身浴でリラックス効果をはかるなどがおススメ。

【その他、緊張性頭痛の対処法】

次に、すぐに出来る緊張性頭痛の対処法を紹介します。

・不良姿勢の改善

姿勢の悪さ、同じ姿勢を長く続ける等は、血行不良による筋肉の緊張を発生させます。
すると体の隅々に十分な栄養、新鮮な酸素が届かないばかりではなく、体内に蓄積する疲労物質を上手に排出できないため、緊張性頭痛などを発生。

また緊張性頭痛と深く関係する眼精疲労、筋肉疲労等の要因にもなるので、今すぐ不良姿勢を改善しましょう。
猫背など自力では、改善できない不良姿勢については、整骨院などの施術がおススメ。

その他、仕事上、同姿勢を長く続ける必要がある場合は、1時間に1回のペースで、全身の筋肉をほぐすストレッチを取り入れてください。
おススメのストレッチは、座ったり、立ったままできる方法で、両手を頭の上に持ち上げ、胸をはるように手を後方に倒します。

このとき、胸、肩甲骨、背中、頸周辺の筋肉がグッと伸びるのを意識しましょう。
また両肩を上に持ち上げ、力を抜いてストンと落とす、を繰り返し行なうのも最適。

血行を促進し、筋肉を柔軟に保つ事ができるので、緊張性頭痛予防に効果的です。

・適度な運動

車や電話、バスなど、実に便利な世の中になりすぎて、運動をまったくしない、という方も多いと思います。
それでは、質の高い筋肉を育む事ができず、緊張性頭痛のリスクが高まるので、適度な運動は不可欠。

また運動によって、ストレスを解消することにも繋がるので、1日30分からの運動を取り入れましょう。
もっとも簡単で、すぐにできるのが、ウォーキングです。

いつもよりもやや早めのスピードで歩くだけで、心身ともリラックス効果を得ながら、体内に蓄積する老廃物、ストレス物質を排出することが可能。
また脳のリラックス効果もはかれるので、1日30分からのウォーキングは仕事上のストレスなどを抱えている方に最適。

運動をする時間が確保できない、という場合は、階段ののぼりおり、一駅分だけ歩く、など日常生活にとりいれるだけでも有効です。

名古屋 緊張性頭痛予防なら、「ゆのもと健療院」にお任せください。



ホームページをご覧のあなた様へプレゼント!

ホームページ特典!!


「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

ホームページ特典


電話・メールでのお問い合わせ

電話: 052-414-6299
メールでのお問い合わせ

ゆのもと健療院へのお電話はこちら
【 電話番号 】 お店:052-414-6299
直通:090-1830-4300
【 営業時間 】 8時~23時 (受付 8時~23時)
【 定休日 】 土日祝も営業 (不定休)
カテゴリ内の次の記事


PageTop



ゆのもと健療院
  • 住所:〒453-0014
    名古屋市中村区則武2-14-4 カーサスギトピア906 (9E号室)
  • お店:052-414-6299
  • 直通:090-1830-4300