名古屋 不眠症改善方法 - 名古屋ゆのもと健療院

HOME > 自律神経情報 > 名古屋 不眠症改善方法

名古屋 不眠症改善方法

2017年06月28日

不眠症って本当に辛いですよね。
身体はすごく疲れているのに、夜なかなか眠れない、疲労が回復しないという状況が長く続くと生活にまで支障をきたします。

そこで今回は、不眠症で悩んでいる方におススメの対処法などを紹介します。

【不眠症とは】

寝付きが悪い、夜中に何度も目が覚める、眠るまでに時間がかかる、朝すっきり起きれない、などの症状を不眠症といいます。
多くの方が何かしらの理由で不眠症にかかっているといわれており、20代、30代ではじまり加齢とともにその症状は悪化、中高年、老年と増加傾向にあります。

タイプは、いろいろとあります。

・入眠困難タイプ

床についても1時間以上眠れない、布団の中でぐたぐだ時間が過ぎる

・中途覚醒タイプ

一度眠っても、夜中に何度も目が覚めて、寝た気がしない

・早朝覚醒タイプ

本当ならもっと寝ていたいのに、予定の2時間以上も前に目が覚めてしまう、その後はなかなか眠れない

・熟眠障害タイプ

眠りは常に浅く、疲れが取れない、たっぷり寝た気がしない

などがあります。
単体で発生する場合は、すべてのタイプが一度に現れる事もあります。

【不眠症の原因は?】

・環境の変化

季節、騒音、光、時間など生活の環境が著しく変化することで不眠症になることがあります。

・身体的変化

高齢になるにつれ、不眠症が多くなることから、加齢による影響が大きいことは明らかです。
また、ストレスや疲労によって、体調に何かしらの不具合が起こると不眠症に陥りやすいといわれています。

・心的問題

悩み、不安をかかえることで、自律神経の乱れが起こり、その影響で眠りに問題が起こります。

・その他

アルコール、カフェイン、薬、などの影響によって睡眠障害を発生させていることもあります。

【不眠症改善方法】

質の高い睡眠を得るための方法を紹介します。

1・規則正しい生活

現代人に1日8時間の睡眠を確保しなさい、というのは、難しいかもしれません。
しかし、できる限り、夜10時から12時までに就寝し、朝6時から7時までには起きるようにしましょう。

さらに、休日だからといって昼過ぎまでダラダラと寝てしまうと、それをきっかけに不眠症になることもありますので、お休みの日に限らず、規則正しい生活を得る事が改善への近道です。

2・適度な運動

身体を適度に動かす事によって、程よい疲れが得られます。
その結果、自然と眠る準備が整えられるので、軽めの運動を日課にするようにしてください。

3・自律神経と整える

自律神経の乱れによって、不眠症になる事もあります。
自律神経調整は、接骨院が得意としています。

特に、ストレスを抱えている方、疲労が回復しない方、猫背やO脚など不良姿勢が気になる方などは、1回の施術で驚くほどの改善が期待できますので、早めに接骨院の施術をご利用ください。

4・寝具をかえる

不眠症の中には、寝具が自分の身体に合わず、リラックスできないことが要因になっている事もあります。
どのような事が不眠症の原因になっているか分からない事もあるので、今一度寝具の見直しからスタートするのもお勧めです。

身体にフィットした枕、マットなどを取り入れる事も重要ですが、リラックス効果の高いカラーや素材を選んだり、寝室の電気やカーテンを替える工夫もおススメです。

名古屋 不眠症改善方法なら、「ゆのもと健療院」にお任せください。



ホームページをご覧のあなた様へプレゼント!

ホームページ特典!!


「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

ホームページ特典


電話・メールでのお問い合わせ

電話: 052-414-6299
メールでのお問い合わせ

ゆのもと健療院へのお電話はこちら
【 電話番号 】 お店:052-414-6299
直通:090-1830-4300
【 営業時間 】 8時~23時 (受付 8時~23時)
【 定休日 】 土日祝も営業 (不定休)
カテゴリ内の次の記事


PageTop



ゆのもと健療院
  • 住所:〒453-0014
    名古屋市中村区則武2-14-4 カーサスギトピア906 (9E号室)
  • お店:052-414-6299
  • 直通:090-1830-4300