名古屋 足底腱膜炎 - 名古屋ゆのもと健療院

HOME > 自律神経情報 > 名古屋 足底腱膜炎

名古屋 足底腱膜炎

2017年05月26日

ランニングやジョギング、ウォーキングを日課にしている方に良く見られるのが「足底腱膜炎」です。
足の裏に痛みが出てしまった、と心当たりのある方は、症状が悪化する前に正しくケアしましょう。

ここでは、ランナーに多くみられる「足底腱膜炎」についてまとめてみました。

【足底腱膜炎とは?】

ダイエットに美容、そして健康維持にと、日ごろからジョギングやランニング、ウォーキングで汗を流している方はとても多くなっています。
また寒い時期になると、各地でマラソン大会も開催されるなど、この時期に本格的に運動をスタートさせる方もいるのではないでしょうか。

しかし、いざ走ってみると、なんだか足の底に痛みを感じる、足の甲に不具合があるなどの経験がある方は、無理に走るのは禁物です。
もしかするとその症状は「足底腱膜炎」かもしれません。

ただ、残念ながら足底腱膜炎になっても、病院の治療では湿布や痛み止めの薬、安静療法が一般的で、思うような治療が受けられないのが現実。
根本的なケアにもならないので、再び痛みが現れることもあります。

足底腱膜炎とは、足底の腱膜が骨の骨膜を引っ張るために起こる炎症です。
あまりにも強い痛みがある場合は、決して無理は禁物。

【足のアーチ】

足の裏にあるアーチ(つちふまず)と足底腱膜炎は深く関係しています。
足の裏にあるアーチの構造によっては、足底腱膜にかかる負担が大きくなり、足底腱膜炎になりやすいからです。

正常な足裏のアーチは緩やかにカーブを描いています。
そのカーブがあることによって、足の裏にかかる衝撃を和らげています。

しかし、偏平足など足裏のアーチがなくなると、足底腱膜が引き伸ばされた状態になり、かかとの骨に付着する部分に強く引っ張る力が加わります。
そのため、かかとに痛みが発生します。

特にランニングやウォーキング、ジョギングなど、繰り返し足裏に衝撃が加わるスポーツでは、足底腱膜炎を起こしやすいのが一般的。
もともと偏平足の方もいますが、オーバーワークによって足裏筋膜の機能が低下している事もあります。

【接骨院での治療は?」

接骨院では、足底腱膜の付着部分の引っ張る力を和らげ、痛みを軽減する治療を実施します。
その上で、足裏の正常なアーチ状の機能を取り戻す調整を行います。

さらに、足首周辺の筋肉のこり、柔軟性を高めて、再発を防ぎます。
病院の治療経過が思わしくない、痛みがなかなか軽減できない、根本解決を目指したい場合は、接骨院に相談してください。

【足底腱膜炎になりやすい方】

・太っている

自分の肥満度をチェックしましょう。
正常値よりもはるかに肥満という場合は、体重による足裏への負担が大きく足底腱膜炎を起こす可能性が高いと判断できます。

まずは体重を減らすよう、生活習慣の見直し、身体に負担がかからない運動(水泳やヨガなど)を取り入れてください。

・足周辺の筋肉が硬い

足周辺の筋肉が硬く、動きが悪いことで、足底腱膜炎になることがあります。
マッサージやストレッチなどを取り入れて、柔軟性を高めましょう。

名古屋 足底腱膜炎なら、「ゆのもと健療院」にお任せください。



ホームページをご覧のあなた様へプレゼント!

ホームページ特典!!


「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

ホームページ特典


電話・メールでのお問い合わせ

電話: 052-414-6299
メールでのお問い合わせ

ゆのもと健療院へのお電話はこちら
【 電話番号 】 お店:052-414-6299
直通:090-1830-4300
【 営業時間 】 8時~23時 (受付 8時~23時)
【 定休日 】 土日祝も営業 (不定休)
カテゴリ内の次の記事


PageTop



ゆのもと健療院
  • 住所:〒453-0014
    名古屋市中村区則武2-14-4 カーサスギトピア906 (9E号室)
  • お店:052-414-6299
  • 直通:090-1830-4300