名古屋 気圧性頭痛の緩和方法 - 名古屋ゆのもと健療院

HOME > 自律神経情報 > 名古屋 気圧性頭痛の緩和方法

名古屋 気圧性頭痛の緩和方法

2017年03月31日

気圧の変化によって、起こる頭痛の事を「気圧性頭痛」といいます。
今回は、気圧性頭痛の原因と緩和の方法を紹介します。

【気圧性頭痛とは】

お天気が崩れてくると、なんとなく頭痛が起こる、頭痛が起こるとお天気が崩れる、などの経験はありませんか?
現在低気圧と頭痛の関係は、原因が特定できていないものの、何かしらの相関関係があるとされています。

現在有力な説は

・気圧の変化により、頭がい骨内の圧が変化して、その影響で血管の収縮が発生。
その後、血管が拡張することで三叉神経を刺激し、偏頭痛のような痛みが現れる。

・気圧の低下によって血圧が下がり、血流の流れが変化することで偏頭痛が起こる。

気圧性頭痛は、このように偏頭痛の症状とよく似ているため、心当りのある方は、少しでも痛みを取り除けるよう次の方法をお試しください。

【気圧性頭痛の緩和方法】

気圧性頭痛は、偏頭痛の症状と似ているため、頭痛を緩和するには、偏頭痛に効果的な対処法を取り入れることがおススメです。

・冷やす

ズキズキと痛みが現れた場合は、患部を冷やす事がポイント。
冷やすことにより、血管の働きが抑制され、次第に痛みが緩和できます。

・光、音を避ける

脳に強い刺激を与えると血流の活動が活発になり、頭痛として痛みが現れるので、できる限り、大きい音、強い光などを避けるようにしましょう。

・カフェイン

コーヒーや紅茶などに含まれるカフェインには、血管を収縮させる効果があります。
そのため、気圧性頭痛や偏頭痛でよく見られる血管の拡張を抑制し、痛みが緩和できます。

・チョコレート

チョコレートには、チラミンという物質が含まれています。
この物質には、血管収縮作用が高く、血管拡張を抑制できます。

ちなみに、チラミンは、赤ワインにも含まれていますが、飲み過ぎは禁物

・睡眠

睡眠をとることで、脳の十分な休息が期待できます。
脳機能を整えることで血流や血管の正常な働きがおこなれます。

たたし、ストレスなどで睡眠が十分に確保できない場合は、接骨院によるマッサージがおススメ。
身体の緊張をほぐし、リラックス効果が高まるので、質の高い睡眠が得られます。

・生活リズム

近年多いのが、眠る直前までスマホやPC、タブレットなどインターネットやゲームを行い夜更かしをしている状況です。
これらの機器による強い光、大きな音は、気圧性頭痛を引き起こすきっかけになるだけでなく、眼精疲労、肩こり、ストレス、などさまざまな不具合を生じさせる原因となります。

規則正しい生活を整えるためにも就寝1時間前には、スマホ、タブレット、PCは触らない、少なくとも6時間から8時間は睡眠をとる、朝陽を浴びて起きる、などの生活リズムを実践しましょう。

以上の対策を取り入れることで、気圧性頭痛を予防、緩和できます。
快適な毎日を過ごすためにも、ぜひ上記の対策法をお試しください。

ただし、何をやっても改善できないような辛い頭痛を抱えている場合は、大きな病気のサインかもしれません。
自己判断で「気圧性頭痛」と思い込まず、早急に詳しい検査を受けるようにしましょう。

名古屋 気圧性頭痛の緩和方法なら、「ゆのもと健療院」にお任せください。



ホームページをご覧のあなた様へプレゼント!

ホームページ特典!!


「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

ホームページ特典


電話・メールでのお問い合わせ

電話: 052-414-6299
メールでのお問い合わせ

ゆのもと健療院へのお電話はこちら
【 電話番号 】 お店:052-414-6299
直通:090-1830-4300
【 営業時間 】 8時~23時 (受付 8時~23時)
【 定休日 】 土日祝も営業 (不定休)
カテゴリ内の次の記事


PageTop



ゆのもと健療院
  • 住所:〒453-0014
    名古屋市中村区則武2-14-4 カーサスギトピア906 (9E号室)
  • お店:052-414-6299
  • 直通:090-1830-4300