名古屋 顎関節症 - 名古屋ゆのもと健療院

HOME > 自律神経情報 > 名古屋 顎関節症

名古屋 顎関節症

2017年03月03日

口をあけるたびに、「カクカク」「ピキピキ」音が鳴る事はありませんか?
もし、口を開くたびにアゴに強い痛みを感じている場合、音が鳴る、という経験がある方は、「顎関節症」を疑いましょう。

ここでは、顎関節症の症状や特徴、対策方法などを詳しく説明します。

【顎関節症って?】

顎関節の痛み、咀嚼時の痛み、関節からの雑音、口が開かない、閉じないなどの開口障害、顎運動の不具合などの症状をまとめて「顎関節症」といいます。
顎周辺に何かしらの異常を感じている方は、「顎関節症」かもしれません。

症状は、軽いものから重症度までいろいろとあります。
例えば、普段の食事では何も感じないのに、硬いものを食べた時だけ、顎からバキバキと音が鳴る、というレベルから、柔らかい物を食べた時にも顎が痛く、開かない、口が大きく開けられない、上手に閉じられない、などの場合もあります。

軽度の場合だと、自然に治る事がありますが、重症度の方でも、原因を特定し、生活習慣の見直し、身体の歪みを直すだけで、驚くほど改善しますので早めにそのサインに気づくようにしましょう。

ただ、症状が進行すると、手術が必要になったり、別の病気に発展し、日常生活に支障をきたす事もあるので、安易に考えてはいけません。

【若い女性に多い!?】

顎関節症は、年齢、性別問わず、幅広く発症のリスクがあります。
ただ、最近のデータでは、20代から30代の女性に特に多く確認されています。

その原因は、はっきりとは分かっていませんが、男性に比べて、筋肉や靭帯、骨格等が弱い女性や、女性ホルモンの影響を受けやすいことが要因ではないかと指摘されています。

また、若い女性の場合、過度のダイエット、食生活の乱れ、不規則なライフススタイル、なども影響していると考えられています。

【顎関節症の症状とは】

主な症状は次のとおりです。

1・顎の痛み

アゴ周辺、またはこめかみ、頬などに痛みがあります。
口の開け閉めの際、食べ物を噛むとき、顎を動かした時に痛みが発生するのが特徴です。

顎の動きに関係なく、痛みが続く場合は、顎関節症以外の病気を疑いましょう。

2・開口障害

通常、人間の口は、自分の指たて3本分くらいは入る、といわれています。
もし、指たて2本分以下しか、口が開かない場合は、顎関節症を疑いましょう。

開口障害は、ある日突然現れる場合、もしくは少しずつ開かなくなる場合と個々によって異なります。

3・噛み合せが悪い

顎を前後に動かした時に、音がなるという方は、顎関節症予備軍、もしくは軽度の顎関節症を疑いましょう。
人によって、表現の仕方は異なりますが、「シャリシャリ」「ジャリジャリ」「ギシギシ」「ミシミシ」などの音が聞こえます。

4・口が閉じない

生まれつき、もしくは怪我などの影響で、顎の構造に異常がある場合、口が閉じず、顎関節症になることがあります。

【自分でもできるケア方法】

顎関節症は、身体の歪みを矯正することで、驚くほど改善が期待できます。
そのため、接骨院等の施術を受けることがもっともベストな方法となります。

その他、自宅でも今すぐできるセルフケアの方法を紹介しましょう。

・不良姿勢の改善

正しい姿勢を意識することで、身体の歪みからくる顎関節症の予防が期待できます。

・口を開きすぎない

口を無理に大きく開くと顎の構造に異常が現れるので、指三本を目安に口を開くようにしましょう。

・マッサージ

筋肉のコリをほぐすことで、顎関節症が予防できます。

名古屋 顎関節症なら、「ゆのもと健療院」にお任せください。



ホームページをご覧のあなた様へプレゼント!

ホームページ特典!!


「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

ホームページ特典


電話・メールでのお問い合わせ

電話: 052-414-6299
メールでのお問い合わせ

ゆのもと健療院へのお電話はこちら
【 電話番号 】 お店:052-414-6299
直通:090-1830-4300
【 営業時間 】 8時~23時 (受付 8時~23時)
【 定休日 】 土日祝も営業 (不定休)
カテゴリ内の次の記事


PageTop



ゆのもと健療院
  • 住所:〒453-0014
    名古屋市中村区則武2-14-4 カーサスギトピア906 (9E号室)
  • お店:052-414-6299
  • 直通:090-1830-4300