名古屋 めまい - 名古屋ゆのもと健療院

HOME > 自律神経情報 > 名古屋 めまい

名古屋 めまい

2017年02月23日

一言でめまいといっても、さまざまな種類があって、対処法もまったく異なります。
そこで今回は、「めまい」について説明します。

【めまいってどんな種類があるの?】

いかに紹介するめまいと、自分の症状を照らし合わせ、自分のめまいを知りましょう。

1・回転性めまい

自分がぐるぐるまわっている、周囲がぐるぐるまわるような「めまい」を回転性めまいといいます。
人によっては、物が左右上下に流れるように動いていると感じる方もいます。

耳の中にある平衡器官の急激な変化による血流障害、炎症、内耳のむくみが原因です。
ただし、耳の病気によるものもありますので、まずは、詳しい検査を受けましょう。

代表的な病気は

・耳鳴りや難聴が起こる「メニエール病」
・急に音が聞こえなくなる「突発性難聴」
・激しいめまいとふらつきが続く「前庭神経炎」
・中耳炎があって、耳だれもある「中耳炎めまい」
・椎骨脳底動脈循環不全

2・動揺性めまい

頭や身体がくらくらと揺れて、フラフラする感じがあるのが動揺性めまいの特徴です。
歩行時、あしもとがふらついたりしますが、小脳の障害でおこることもあるので注意が必要です。

代表的な病気は

・薬物によるめまい
・片側の耳が聞こえずらい「聴神経腫瘍」
・脳幹、小脳梗塞

などがあります。

3・浮動性めまい

身体がふわふわと宙にういた感じがするのが浮動性めまいです。

4・立ちくらみ

立ち上がった時に、くらくらとする症状があります。
小さなお子様、思春期に見られる場合は「起立性調節障害」があります。

場合によっては、脳梗塞などの危険性もあるので、特に高血圧症などの場合は注意が必要です。
その他、病気のめまいについて注意すべき症状は

・激しい頭痛
・意識障害
・物が二重にみえる
・手足に力が入らない
・視野の欠落

などがある場合は、一刻を争う事がありますので、すぐに病院を受診しましょう。
一方、自律神経の乱れが原因となるめまいについては、接骨院がおススメです。

詳しい検査をしても、異常がなく、自覚症状が全身にわたる場合は、自律神経失調症によるめまいを疑い、お近くの接骨院で相談してください。

【めまいの対処法】

次のように対処してください。

1・回転性の場合

規則正しい生活を送り、できる限りストレスをためこまないようにしましょう。
また喫煙、アルコールの過剰摂取、塩分、カフェイン、油ものの過剰摂取を控え、たっぷりの睡眠をとるようにしましょう。

2・浮動性の場合

規則正しい生活を心がけ、リラックスをはかりましょう。
喫煙、飲酒は控え、食生活にも注意が必要です。

3・その他

お子様など思春期でみられるたちくらみは、起立性調節障害を疑い、早めに専門医、もしくは接骨院で相談しましょう。
症状によっては、不登校、いじめ、引きこもりなどの要因に繋がる事もありますので、安易に判断しては禁物です。

以上のように「めまい」といっても種類やタイプによって、原因も対処法もまったく異なります。
まずは、自分のめまいがどのタイプにあてはまるのかを確認し、正しく対処するようにしてください。

名古屋 めまいなら、「ゆのもと健療院」にお任せください。



ホームページをご覧のあなた様へプレゼント!

ホームページ特典!!


「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

ホームページ特典


電話・メールでのお問い合わせ

電話: 052-414-6299
メールでのお問い合わせ

ゆのもと健療院へのお電話はこちら
【 電話番号 】 お店:052-414-6299
直通:090-1830-4300
【 営業時間 】 8時~23時 (受付 8時~23時)
【 定休日 】 土日祝も営業 (不定休)
カテゴリ内の次の記事


PageTop



ゆのもと健療院
  • 住所:〒453-0014
    名古屋市中村区則武2-14-4 カーサスギトピア906 (9E号室)
  • お店:052-414-6299
  • 直通:090-1830-4300