名古屋 パーキンソン病 - 名古屋ゆのもと健療院

HOME > 自律神経情報 > 名古屋 パーキンソン病

名古屋 パーキンソン病

2017年02月03日

日本では、10万人以上の患者がいるといわれている「パーキンソン病」の症状や原因について説明します。

【パーキンソン病とは】

高齢化が進むにつれ、ますます患者数が増えると指摘される「パーキンソ病」とは、一体どのような病気なのでしょうか。
主に40歳から50歳以降に発症して、ゆっくりと症状が進行する原因不明の「神経変性疾患」です。

原因は、今のところはっきりとは分かっていませんが、脳の神経伝達物質の一つ「ドーパミン」の減少が深く関係しています。
若い年齢で発生する場合、遺伝子の異常がある場合も現在の研究で分かっています。

【どんな症状が現れるの?】

手足の振るえ、こわばり、さらには動作のゆっくり、身体を動かさない、転びやすいなどが主な特徴です。
症状は、片側から始まり、次第に他の部位に進行します。

その他、起立性低血圧としてたちくらみの症状から便秘など自律神経症状や睡眠障害、抑うつなどの精神症状もあります。
具体的には、

・安静時の振戦(手足のふるえ)
・無表情(表情が乏しくなる)
・関節が硬い(歯車様固縮)
・前かがみで立つ
・小刻みに歩く
・手を振らずに歩く
・歩き始めに躓くと歩けない(何かのきっかけで歩ける)
・身体が片方に傾く
・小さな字を書く

などの運動機能にトラブルが目立ちます。
その他

・気分の落ち込み
・意欲、自発の低下
・夜間の不眠
・認知のトラブル
・よだれが多くなる
・顔がべたつく
・トイレが近い
・多汗
・インポテンツ
・手足のむくみ

などもあります。

【病院、接骨院による治療】

病院では、一般的に薬による薬物治療を実施します。
ただし、副作用の危険性が極めて高いため、医師によく相談した上で取り入れるようにしましょう。

パーキンソン病は、ドーパミン不足が原因とされています。
しかし、人間の身体には、自然に「良くなろう」と働く機能が備わっています。

そのため接骨院では、薬などに頼らず、身体の内側から「治りたい」というチカラを引き出す施術を実施します。
例えば、身体の正常な構造、機能を回復させるため、歪みを取り除く施術を実施します。

姿勢の悪さは、血管やリンパ、その他の機能を圧迫し正しい働きを阻害します。
それが原因で、脳の伝達物質の分泌が減っている可能性も考えられます。

薬を使用せず、主義だけでパーキンソン病の根本要因を取り除く事ができますので、副作用のリスクを少しでも軽減したい、自然治癒力を高めたいという方は、一度お近くの接骨院でご相談ください。

接骨院の利用がはじめて、という方は、不安を抱えているかもしれません。
しかし、接骨院では、コレまでに数多くのパーキンソン病をはじめ、腰痛に肩こり、眼精疲労やうつ病、スポーツ障害等幅広い疾患に対応している実績があります。

身体の機能を正常に整える事を目的としているため、パーキンソン病だけでなく、その他の不具合もクリアにする事ができます。
若い人からお年寄りまで性別年齢に係らず、多くの方が利用されていますので、お気軽にご相談してみてください。

名古屋 パーキンソン病なら、「ゆのもと健療院」にお任せください。



ホームページをご覧のあなた様へプレゼント!

ホームページ特典!!


「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

ホームページ特典


電話・メールでのお問い合わせ

電話: 052-414-6299
メールでのお問い合わせ

ゆのもと健療院へのお電話はこちら
【 電話番号 】 お店:052-414-6299
直通:090-1830-4300
【 営業時間 】 8時~23時 (受付 8時~23時)
【 定休日 】 土日祝も営業 (不定休)
カテゴリ内の次の記事


PageTop



ゆのもと健療院
  • 住所:〒453-0014
    名古屋市中村区則武2-14-4 カーサスギトピア906 (9E号室)
  • お店:052-414-6299
  • 直通:090-1830-4300