名古屋 自律神経と立ちくらみ - 名古屋ゆのもと健療院

HOME > 自律神経情報 > 名古屋 自律神経と立ちくらみ

名古屋 自律神経と立ちくらみ

2017年01月19日

立ち上がった時にフラッとなる、目の前が真っ白になって気を失いそうになる、そんな症状はありませんか?
男性に比べて、女性に多く見られる立ちくらみは、自律神経系の症状の一つといえます。

【自律神経と立ちくらみ】

身体の中には、脳や脊髄を中心にした中枢神経と、その神経から各機能に伸びる末梢神経があります。
末梢神経は、手足や顔などの筋肉を動かす運動神経と痛みやかゆみなど触覚に関わる知覚神経、そして自律神経があります。

自律神経は、血液の流れ、血圧や心臓のドキドキ、体温調整、胃腸機能などの働きに関与し、身体を守る上でものすごく大事な役割を担っています。
ただ、自律神経は、自分の意思で動かすことはできず、無意識かつ自動的にコントロールされています。

自律神経の働きの中でもっとも重要なのが、脳の血液の流れを守ることです。
身体を横にすると、血液は、通常重力によって足元へと比重が傾いています。

その状態から起き上がると、当然脳への血液が悪く、ふらつきやめまいが起こりますよね。
ただ、自律神経の働きが正常である場合、その比重を上手にコントロールし、めまいや立ちくらみを未然に防いでくれるのです。

つまり、立ちくらみを激しく感じてしまう方は、自律神経が正常に機能していない、ということが考えられます。

【立ちくらみを整体で施術する】

家庭用血圧計を持っている方は、立ちくらみを悪化させる自律神経の乱れがあるかを確認してください。
横になっている時の血圧と、立ち上がった後すぐに計った血圧の差が20以上の場合、脈拍の差が30以上の場合は、自律神経が乱れていると判断できます。

自覚症状がない方でも、このチェックで、異常が見られる場合は、すみやかに整体をご利用ください。
整体では、自律神経系の立ちくらみに対し、次のようなアプローチをとります。

・頭部への血液の流れを促進する
骨格のゆがみを矯正し、血液の流れを阻害している問題を改善する

・筋肉のコリをほぐす
自律神経の乱れによって筋肉がガチガチに凝り固まっているため、マッサージによって柔軟性を高める

・平衡を保つ
立ち上がりの平衡感覚を正常に保つため、足裏、骨盤、背中などのバランス整体を実施。

・自律神経を整える
自律神経の乱れを未然に防ぐため、深い呼吸ができる状態を整える。

【セルフ予防法】

整体での施術で自律神経系の立ちくらみは、驚くほど改善します。
また施術効果をより長く持続させるため、これまでの生活習慣等の改善、工夫も必要です。

例えば、規則正しい生活習慣を送り、交感神経と副交感神経のオンオフが入りやすいようにしましょう。
その他、ストレスや疲労をため込まないよう、適度な運動や入浴、などでリラックス出来る環境を作りましょう。

デスクワークや立ち仕事で、血行不良や筋肉のこりを起こしやすい環境にある方は、着圧ソックスやツボ押し、マッサージ等を利用して、血管の収縮を促すようにしてください。

以上の方法で、自律神経系の立ちくらみは、予防できます。
それでも、効果をあまり実感できない、という方は、自律神経系の立ちくらみ以外の病気が疑われるので専門病院等で詳しく検査を受けてください。

名古屋 自律神経と立ちくらみなら、「ゆのもと健療院」にお任せください。



ホームページをご覧のあなた様へプレゼント!

ホームページ特典!!


「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

ホームページ特典


電話・メールでのお問い合わせ

電話: 052-414-6299
メールでのお問い合わせ

ゆのもと健療院へのお電話はこちら
【 電話番号 】 お店:052-414-6299
直通:090-1830-4300
【 営業時間 】 8時~23時 (受付 8時~23時)
【 定休日 】 土日祝も営業 (不定休)
カテゴリ内の次の記事


PageTop



ゆのもと健療院
  • 住所:〒453-0014
    名古屋市中村区則武2-14-4 カーサスギトピア906 (9E号室)
  • お店:052-414-6299
  • 直通:090-1830-4300