名古屋 疲れやすい - 名古屋ゆのもと健療院

HOME > 自律神経情報 > 名古屋 疲れやすい

名古屋 疲れやすい

2016年12月28日

最近疲れやすいと感じていませんか。
それには、自律神経を整えることで、元気な身体を取り戻すことができますよ。

ドキドキや立ちくらみ、頭痛に倦怠感、その他全身にかかるさまざまな不調により疲れやすい時は、自律神経のバランスが崩れている可能性が考えられます。
特に、夏の暑い季節は、1日の大半をエアコンの効いた室内で過ごすことが多く、その結果自律神経が不安定になりやすい傾向にあります。

整体院は、自律神経系の症状に対する高い実績がありますので、疲れが回復しない、と方は、ぜひ整体の施術をご利用ください。
さらに、普段の生活を見直すことによって、自律神経の働きを正常に整える工夫も必要です。

【自律神経とは】

生命の維持に深く関与している自律神経は、心臓の働き、血液の流れ、消化活動などさまざまな機能をコントロールしています。
自律神経は、私たちの意志でコントロールすることは出来ないため、正常に機能させるための環境づくりが重要です。

2つの神経で構成される自律神経には、緊張時に働く「交感神経」と、リラックス時に働く「副交感神経」があります。
交感神経は、呼吸を早くしたり、血圧・血糖の上昇、消化液の分泌抑制、ホルモン分泌の乱れ、筋肉の緊張、精神活動の活性化などがあり、副交感神経はその逆の機能を司ります。

日中の身体が活発な時に働くのが「交感神経」、身体を休めたり、睡眠をとる夜に働くのが「副交感神経」です。
これは、昼間に活動した身体を夜にしっかりと休める機能で、人間が自然の流れにそって生きていく為の生理機能です。

これらのオンオフは、日の出とともに交感神経のスイッチが入り、日の入りとともに副交感神経のスイッチが入るのが正常なリズムとなります。
時間にして、12時間置きに変わります。

【自律神経が乱れると・・・】

ところが、ストレスや興奮等、身体を緊張させる状況が続いたり、残業等で睡眠時間が十分に確保できなかったり、など生活に乱れが生じると自律神経のオンオフが正常に機能しなくなります。

その結果、身体を休めたい夜になっても交感神経の働きが衰えず、身体を休めることができない、リラックスできない、眠れない、といった症状が現れます。
十分に身体を休めることができないまま朝を迎えてしまうため、本来活動すべきところで、眠気が出てしまう。

集中力がなくなる、仕事に対する意欲がわかない、などの体調不良が起こります。
このような状態を長く続けることで、身体は疲れやすく、さらに自律神経失調症による症状が頻発します。

自律神経失調症になると、疲れやすいという症状以外に、頭痛、ふらつき、めまい、耳鳴り、微熱、肩こり、腰痛、吐き気、喉の違和感、目の乾き、動悸、息切れ、発汗、筋肉痛、手足のしびれ、痛み、冷え、腹部膨満感、便秘、頻尿などがあります。

症状が進行すると、免疫機能の低下によって、些細なことで病気を発症しやすいリスクも高まります。

【ストレスの影響には特に注意が必要】

疲れやすいと感じる方の共通点の一つに、他の人と比べてストレスを敏感に感じやすい、ため込みやすい体質でもあります。
すごくまじめで、正義感が強く、手抜きができない、何事にも真剣に取り込んでしまうため、ストレスを抱え込みやすく、自律神経の乱れが起こりやすい傾向にあります。

その他にも、喫煙、飲酒、夜更かしなどは、自覚しないまでも身体に対する大きなストレスであることは明らかなので、今すぐ生活習慣の改善を心がけましょう。
整体では、自律神経系の諸症状改善に高い実績があります。

生活習慣を改善しても、一向に疲れが取れない、身体が疲れやすいと感じている方は、症状がひどくなる前に、整体の施術をご利用ください。

名古屋 疲れやすいなら、「ゆのもと健療院」にお任せください。



ホームページをご覧のあなた様へプレゼント!

ホームページ特典!!


「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

ホームページ特典


電話・メールでのお問い合わせ

電話: 052-414-6299
メールでのお問い合わせ

ゆのもと健療院へのお電話はこちら
【 電話番号 】 お店:052-414-6299
直通:090-1830-4300
【 営業時間 】 8時~23時 (受付 8時~23時)
【 定休日 】 土日祝も営業 (不定休)
カテゴリ内の次の記事


PageTop



ゆのもと健療院
  • 住所:〒453-0014
    名古屋市中村区則武2-14-4 カーサスギトピア906 (9E号室)
  • お店:052-414-6299
  • 直通:090-1830-4300