名古屋 多汗症の原因 - 名古屋ゆのもと健療院

HOME > 自律神経情報 > 名古屋 多汗症の原因

名古屋 多汗症の原因

2016年12月03日

手汗、足汗、顔汗などの多汗症で悩んでいる方がいますが、安易に多汗症手術やボトックス多汗症などの治療を受けるのは危険です。
その前に、整体の施術で改善してみてはいかがでしょうか。

【多汗症の原因とは】

汗をかくことは、悪いことではありません。
人間に備わった優れた生理機能で、体温の調整等すごく重要な目的があります。

ただ、他の人と比べて、異常な量の汗をかく、局所性の手汗、顔汗、脇汗、足汗などの多汗症は、メンタルなどが関係していると言われ、中でも自律神経の乱れが根本にあると指摘されています。

つまり、自律神経の乱れを整えることができれば、多汗症の症状を軽減、もしくは改善できます。

■自律神経の乱れ

自分の意思と関係なく、機能する自律神経は、心臓や肺、呼吸器、消火系の働きをコントロールしています。
活動中に働く交感神経と、休息時に働く副交感神経の2つで構成されていますが、ストレスや不規則な生活習慣等によって、バランスを崩します。

また女性の場合、ホルモンバランスの乱れが自律神経の乱れに深く関わることが多く、生理不順、更年期障害、妊娠、出産等をきかっけに自律神経失調症に陥るケースも珍しくありません。

そして自律神経は汗を排出する汗腺にも働きます。
交感神経は汗腺を分泌しやすく、副交感神経は分泌を抑制します。

つまり、汗を異常にかいてしまう多汗症は、交感神経が過敏になり、逆に副交感神経が機能していない、と言うことが考えられます。

【自律神経失調症における多汗症の症状】

自律神経の乱れが原因となる多汗症の場合、手足やワキ、顔などの局所的な多汗以外にも、次のような症状が確認できます。

・顔
頭痛、耳鳴り、口の渇き、喉のつまり・圧迫感、飲み込みづらさ、息苦しさ、疲れ目などがあります。

・手足
しびれ、冷え、ふらつきに関節の痛み

・全身
ひどい疲れ、身体の火照り、眠れない、湿疹、起床時の喉の渇き、めまい、耳鳴り
吐き気、便秘下痢、頻尿、残尿感、胃の不快感

・メンタル
イライラ、不安、記憶力の低下、集中力の低下、意欲の低下、死を考える

【自律神経系の多汗症は整体の施術が有効】

多汗症を改善したいけど、手術や嫌だ、ボトックス治療に不安がある、という方は、整体の施術が最適です。
また、自律神経失調症の諸症状もあるのに、自分でなんとかしよう、ネットの情報だけで大丈夫と安易に考えてはいけません。

すでに多汗症を含むさまざまな症状が現れている場合、免疫機能の低下から、ちょっとしたことで大きな病気になるリスクも高いと判断できます。
また現代はストレス社会です。

日々のしかかるストレスでさらに症状の悪化は予想できますので、少しでも早い段階で、整体を利用し、元通りの身体を取り戻すようにしましょう。
整体の施術で自律神経の乱れは改善できます。

自律神経の乱れが改善されると、多汗症も少しずつ軽減されるので、身体にメスを入れる必要もありませんし、それによる副作用の心配もありません。
多汗症で手術を検討している方は、自律神経の乱れを疑い、まずは、整体院でご相談してください。

名古屋 多汗症の原因なら、「ゆのもと健療院」にお任せください。



ホームページをご覧のあなた様へプレゼント!

ホームページ特典!!


「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

ホームページ特典


電話・メールでのお問い合わせ

電話: 052-414-6299
メールでのお問い合わせ

ゆのもと健療院へのお電話はこちら
【 電話番号 】 お店:052-414-6299
直通:090-1830-4300
【 営業時間 】 8時~23時 (受付 8時~23時)
【 定休日 】 土日祝も営業 (不定休)
カテゴリ内の次の記事


PageTop



ゆのもと健療院
  • 住所:〒453-0014
    名古屋市中村区則武2-14-4 カーサスギトピア906 (9E号室)
  • お店:052-414-6299
  • 直通:090-1830-4300