名古屋 食欲不振 - 名古屋ゆのもと健療院

HOME > 自律神経情報 > 名古屋 食欲不振

名古屋 食欲不振

2016年11月25日

最近食欲がない、胃が痛いなどの症状で悩んでいる方は、整体の施術を利用してください。
これらの症状は、自律神経失調症によるもので、全身にいたるさまざまな症状が現れるのが特徴です。

ここでは、自律神経失調症が原因となる食欲不振を含む胃腸障害についてまとめています。

【食欲不振など胃の症状について】

ごはん時なのに、食べたくない、胃がむかむかする、胃液が上がる感じで喉が熱い、などの症状を感じている方は、整体で治療できます
食欲不振を含む胃の症状については、いろいろとありますが、実はどれも同じことが原因で発症しています。

それは自律神経失調症です。
食欲不振以外に、胸やけ、吐き気、むかつき、消化不良、腹痛、膨満感、げっぷ、過食、胃下垂などがあります。

■自律神経失調症における食欲不振などの症状

自律神経に乱れが生じると、必ず胃痛やむかつき、食欲不振、食べすぎ、便秘、下痢などの胃腸トラブルが見られます。
また胃腸に問題が生じると、他の内臓機能にも影響を及ぼすため、全身の不調が現れます。

胃腸をはじめとする内蔵機能の働きは、ふたつある自律神経のうち、身体をリラックスさせる副交感神経が管理します。
ご飯を食べた直後に襲い掛かる睡魔は、副交感神経による胃腸の働きによるものです。

一方、自律神経の乱れが生じると、副交感神経の機能が弱まるため、胃腸の正常な機能が乱れ、食欲不振をはじめとする消化不良、などが起こります。

■暴飲暴食による悪循環

食べすぎ、飲みすぎによる胃腸障害などもありますが、これは、食べ過ぎるという胃への負担、つまりストレスによる自律神経の乱れです。
ご飯を食べ過ぎると、身体の緊張を和らげる副交感神経が働きます。

そのため、一時的に暴飲暴食後に心地よい感覚が得られますが、実際には胃に負担をかけ続けている状態に変わりは無いため、次第に自律神経が乱れ、いくら食べても、満足しない、すっきりしない、心地よくならない、といった症状に陥り、最終的に胃が疲労し、食欲不振、精神的疾患等へと陥ります。

【食欲不振は胃腸の負担を軽減する働き】

自律神経の乱れによって胃腸障害が起こると、これ以上身体を傷つけない、ストレスを与えないようにと身体が無意識に反応し、食欲を低下させます。
胃の負担を軽減させ、元通りの身体を取り戻そうとする正常な機能なのです。

しかし、そこまでして体が防御していると言うことは、これ以上傷つけたり、ストレスを与えてしまうと、症状やより悪化し大変危険です。
さらに早めに自律神経の乱れを整えなければ、免疫力の低下によって他の病気を発症しないとも限りません。

整体では、乱れが自律神経の機能を整え、食欲不振等の胃腸障害を改善へと導きます。

【整体での施術方法】

整体の施術では、胃腸の負担を軽減するとともに、胃腸に生じるさまざまな障害を取り除きます。
さらに、消化不良によってできたこわばり、めぐりの悪さを改善するため、筋肉のコリをほぐします。

その他、一人ひとりの内臓の状態を丁寧に調べた上で、胃腸を本来の状態へと整えることが出来るので、食欲不振や吐き気、などの諸症状を改善できます。

名古屋 食欲不振なら、「ゆのもと健療院」にお任せください。



ホームページをご覧のあなた様へプレゼント!

ホームページ特典!!


「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

ホームページ特典


電話・メールでのお問い合わせ

電話: 052-414-6299
メールでのお問い合わせ

ゆのもと健療院へのお電話はこちら
【 電話番号 】 お店:052-414-6299
直通:090-1830-4300
【 営業時間 】 8時~23時 (受付 8時~23時)
【 定休日 】 土日祝も営業 (不定休)
カテゴリ内の次の記事


PageTop



ゆのもと健療院
  • 住所:〒453-0014
    名古屋市中村区則武2-14-4 カーサスギトピア906 (9E号室)
  • お店:052-414-6299
  • 直通:090-1830-4300