名古屋 頭蓋矯正 - 名古屋ゆのもと健療院

HOME > 自律神経情報 > 名古屋 頭蓋矯正

名古屋 頭蓋矯正

2015年05月21日

「頭蓋矯正」で頭蓋骨の歪みを解消

「頭蓋骨は歪む」と聞くと多くの方は驚くかも知れませんし、その前に「頭蓋骨が動く?」と疑問に感じる方もいるでしょう。
ただし動くと言っても腕や足のように頭蓋骨が動くのではなくて、意識とは関係なく(不随意的)小さく動くだけです。

ご存知の方も多いでしょうが、人間の頭蓋骨は1個の骨でできているわけではなくて、パズルのように23個もの骨のパーツが組み合わさって形作られています。
そして繋いでいるのが「縫合」と呼ばれる部分で伸縮性があります。
なぜ伸縮性があるのかと言うと、肺や心臓と同じようにポンプの役割をするためです。

人間は肺と言うポンプの役割をする臓器があるので呼吸できますし、心臓と言うポンプの役割をする臓器があるので血液が全身に流れます。
しかし、脳脊髄液の中にある脳と脊髄には肺や心臓と言ったポンプ役をするための臓器がないので、何らかの動きで循環させなければなりません。
ちなみに脳脊髄液と言うのは、頭蓋内では脳室内とくも膜下腔に、また脊柱管内では脊髄クモ膜下腔にあって互いに交通している半透明の液体です。
この脳脊髄液が何らかの原因で循環されなくなると淀んでしまい脳の機能の低下を招いて様々な症状を起こしてしまうのです。
つまり、頭蓋骨が歪むことで縫合部分がロックされて正常なポンプ機能を果たせなくなってしまうと、正しい脳からの命令伝達が行き渡らなくなって体の調子が崩れてしまうのです。

頭蓋骨の動きが悪くなって脳の機能が低下すると、うつ病や自律神経失調症に特有な症状が出てくるのです。
具体的な症状としては、不眠症・目の奥が痛い・めまい・耳鳴り・頭痛・のぼせ・ホルモン異常・やる気や意欲が出てこない・集中力の低下・頭にモヤがかかった感じがすると言ったものがあります。
ですから正常に脳脊髄液をポンピングして循環させるために、頭蓋骨の歪みをとって縫合を緩める「頭蓋矯正」が必要です。
「頭蓋矯正」により頭蓋骨が膨れたりしぼんだりを繰り返し脳脊髄液が正常な状態で循環されることで体の調子も改善されていくのです。

ただし頭蓋骨が歪んでいてもポンプ機能を頭蓋骨がしていると、うつ病や自律神経失調症の症状が起こらない方もいます。
これは頭蓋骨が動いていることで脳脊髄液が循環しているためで、頭蓋骨が歪んでいても症状が非常に出にくく方もいるのです。
しかし、明らかな歪みが起こっている場合は、単に症状に気づいていないだけで体が悪い状態になっていることも考えられます。
実は極度に悪くなり過ぎると人間の体は感覚がマヒして症状に気づけないと言うこともあるのです。
ですから、症状が起こっていないからと言って安心するのではなくて、歪みが酷い人は注意が必要と考えておくと良いでしょう。

また逆に、頭蓋骨の歪みがあまり見られない場合でも、頭蓋骨がロックされてしまっていることもあります。
その為に脳脊髄液の循環が正常に行われずにうつ病や自律神経失調症の症状が起こることもあるので注意しましょう。
いずれにしても重要なことは「頭蓋骨が動いているか?」です。

名古屋 頭蓋矯正なら、「名古屋ゆのもと健療院」にお任せください。



ホームページをご覧のあなた様へプレゼント!

ホームページ特典!!


「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

ホームページ特典


電話・メールでのお問い合わせ

電話: 052-414-6299
メールでのお問い合わせ

ゆのもと健療院へのお電話はこちら
【 電話番号 】 お店:052-414-6299
直通:090-1830-4300
【 営業時間 】 8時~23時 (受付 8時~23時)
【 定休日 】 土日祝も営業 (不定休)

PageTop



ゆのもと健療院
  • 住所:〒453-0014
    名古屋市中村区則武2-14-4 カーサスギトピア906 (9E号室)
  • お店:052-414-6299
  • 直通:090-1830-4300