名古屋 「自律神経失調症」の治療法 - 名古屋ゆのもと健療院

HOME > 自律神経情報 > 名古屋 「自律神経失調症」の治療法

名古屋 「自律神経失調症」の治療法

2015年05月13日

「自律神経失調症」の治療法

何らかの症状が体に起きているのにも関わらず、病院で検査しても異常が見つからない場合に診断される病気が「自律神経失調症」です。
体や脳を動かす神経の「交感神経」と体を休ませて回復させる神経の「副交感神経」とのバランスが崩れるために起こるものです。
現代の特徴としては交感神経が過剰に働き副交感神経の働きが低下することで、しかも近年は増加傾向にあります。
さらに、うつ病へと移行する病気として注意を呼び掛ける声も少なくありません。

自律神経のバランスを乱す要因はいくつかありますが、特にストレスを抱えている方が患いやすいのでストレスが大きな影響を与えていると考えられます。
ストレスは単に精神的なものだけではなくて心と体の両方のストレスがあり、これが積み重なり限界を超えるとバランスが乱れてくると考えられています。
あと脳の視床下部でコントロールされる女性ホルモンのバランスが乱れると同じ場所でコントロールされている自律神経も乱れやすいと言われています。

主な症状としては、頭が重い・めまい・耳鳴り・胃炎・のどの違和感・動悸・息切れ・食欲不振・下痢・便秘、慢性症状の悪化・難病の症状悪化などがあります。
このように起こる症状は、あげればきりがないほどあるのが特徴です。
また、ひとつの症状が起こる場合もありますが、いくつかの症状が重なって起こったり、起こる症状が変化したりする特徴もあります。

慢性化すると非常に治りにくい病気なので早めの治療が大切で、治療法としては薬物療法・一般心理療法・整体療法・自立訓練法などがあります。
治療は個々の症状に応じ患者の状態や希望を取り入れながら行いますが、体と精神どちらかだけの治療ではなかなか効果が見られません。
つまり、体面・精神面の療法をバランスよく実施することが重要なポイントです。

体に起こる症状を薬により取り除くのが「薬物療法」で、自律神経の機能を整える薬や抗不安剤・抗うつ剤・睡眠誘導薬などが用いられます。
また症状によってはビタミン剤やホルモン剤が使用されることもありますし、西洋医学の薬だけでなく漢方薬による治療もあります。

カウンセリングなどを通して心の中を整理し解決へと導くのが「一般心理療法」で、認知行動療法・グーループカウンセリング・家族療法などが一般的です。
また、心と体の反応を使ったバイオフィードバック療法もありますが、あくまで自身の問題に自分で気づくことが大切で、その手助けを治療が果たしているのです。

体の歪みを取り乱れた自律神経を整えるのが「整体療法」です。
体の症状が悪化することで心に不安や緊張が起こると一説には言われていて、特に骨盤・背骨・頭蓋骨・内臓の歪みが自律神経のバランスを乱すと考えられています。
その為、これらの歪みを解消して体の症状が取り除かれ心理的な不安もなくなると自律神経が整うのです。
意外に感じるかも知れませんが、自律神経失調症の治療では整体療法でまずは体の歪みを取ることが重要になるのです。

あと「自立訓練法」と言うのは一種の自己暗示を用いた治療法で、これらの治療法があることを知っておくと役立つでしょう。

名古屋 「自律神経失調症」の治療法なら、「名古屋ゆのもと健療院」にお任せください。



ホームページをご覧のあなた様へプレゼント!

ホームページ特典!!


「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

ホームページ特典


電話・メールでのお問い合わせ

電話: 052-414-6299
メールでのお問い合わせ

ゆのもと健療院へのお電話はこちら
【 電話番号 】 お店:052-414-6299
直通:090-1830-4300
【 営業時間 】 8時~23時 (受付 8時~23時)
【 定休日 】 土日祝も営業 (不定休)

PageTop



ゆのもと健療院
  • 住所:〒453-0014
    名古屋市中村区則武2-14-4 カーサスギトピア906 (9E号室)
  • お店:052-414-6299
  • 直通:090-1830-4300