名古屋 自律神経の乱れについて - 名古屋ゆのもと健療院

HOME > 自律神経情報 > 名古屋 自律神経の乱れについて

名古屋 自律神経の乱れについて

2015年05月11日

あまり知られていない「自律神経」とは?

ほとんどの人は「自律神経とは?」と日常生活の中で意識することはないでしょう。
しかし現在では、その神経が乱れてしまうことが原因で様々な不調に悩まされている方が少なくないのです。

では「自律神経とは何か?」と言うと、自分自身の意思とは全く関係なく刺激や情報に対して反応し体の機能をコントロールする神経です。
例えば、手や足を動かすと言った行動は意識することで可能ですが、意識的に腸を動かすことや血液を流すことはできないでしょう。
このように、意識しても行うことができないことを「つかさどっている神経で、内臓を動かす・血液を流す・栄養を吸収する・老廃物を回収するなど、人間が生存するために重要な役割を担っているのです。
また、活動モードの「交感神経」と休息モード「副交感神経」の正反対の働きを担う2つがあって、この2つがバランスを保って機能することで健康状態を維持することができるのです。

では「交感神経とは何か?」と言うと、仕事・家事・育児・運動・勉強など活動している時や緊張している時、ストレスを感じている時などに働くものです。
主に昼間働くもので、心拍数は増えて筋肉が硬くなり血管は細く収縮して活動モードになっているため、様々なことに対してすぐに反応できる体勢になっています。
例えば、仕事の指示があった時に臨機応変な対応ができる、家事や育児をパッパッとこなせる、スポーツで瞬時に相手の動きに対して反応できるなどは、この交感神経が働いているからなのです。

一方の「副交感神経とは何か?」と言うと、食事中や入浴中などゆったり気分でリラックスしている時に働くもので、睡眠中が働きのピークです。
主に夜働くもので、心拍数が落ち着いて筋肉も緩み血管もフワッと弛緩していて、新陳代謝・疲労の回復・ケガの修復など元気な体に戻す作業をする時間に働きます。
例えば、マッサージされて気分的にゆったりして眠たくなっている時などは、この副交感神経が最高に働いている時と言えるでしょう。

しかし先にも触れましたが精神的なストレスや過労が引き金となって交感神経と副交感神経のバランスが乱れて心や体に不調が起こることがあります。
この乱れが引き起こす疾患には様々ありますが、中でも良く知られているのが「自律神経失調症」です。
人により発生する症状が大きく違うのが特徴で、不安・緊張・抑うつなどの心のトラブルで、吐き気・多汗・全身の倦怠感・頭痛・動悸・不整脈・めまい・不眠などと言った症状が起こってしまいます。

自律神経失調症の治療方法は症状やタイプなどを考慮して、体と心の両面に働きかける治療や生活環境を整えるなどと言ったことを実施する必要があります。
また、体質・性格・ライフスタイルの歪みなどにも注目して改善することも必要になるでしょう。
具体的な治療方法としては、セルフコントロール・薬物療法・心理療法がありますし、意外に感じるかも知れませんが、整体や鍼灸と言った東洋医学に基づいた治療もあります。

名古屋 自律神経の乱れについてなら、「名古屋ゆのもと健療院」にお任せください。



ホームページをご覧のあなた様へプレゼント!

ホームページ特典!!


「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

ホームページ特典


電話・メールでのお問い合わせ

電話: 052-414-6299
メールでのお問い合わせ

ゆのもと健療院へのお電話はこちら
【 電話番号 】 お店:052-414-6299
直通:090-1830-4300
【 営業時間 】 8時~23時 (受付 8時~23時)
【 定休日 】 土日祝も営業 (不定休)

PageTop



ゆのもと健療院
  • 住所:〒453-0014
    名古屋市中村区則武2-14-4 カーサスギトピア906 (9E号室)
  • お店:052-414-6299
  • 直通:090-1830-4300